読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コンビニで会計金額が666円だった。だからそのとき僕は…

日記

f:id:monsandesu:20161209213104j:plain

※本日のブログはカッコ内を飛ばして読むと、より一層無価値になります。

本日のこと。
コンビニにて。

「さぁ、仕事がひと段落したのでブログでも書くか。しかしそこそこ腹も減ってるので、まずはチョコレートでも食って脳にブドウ糖を供給しないとだな。万全の体制で臨むか。でもアレだな、俺のブログなんて大して読まれてないんだから、そう気張っても仕方がないよな。そう考えると、なんだか途端に自分が世の中から必要とされてない人間のような気になるな。役立つ情報でも発信すれば、いろんな人に貢献できて喜ばれる。だから多くの人に読まれる。実に簡単な公式だわ。だけど簡単そうで難しい事だよ。そもそも役に立つ情報を、俺が保持してるかどうか非常に怪しい。俺が普段考えてる事なんて本当に大した事ないもんな。仕事も名刺にWebデザイナーとかUIデザイナーなんて大層に書いてるけど、正直なところ三流だもんな。いや、もしかしたら三流でもおこがましいかもしれない。四流、五流あたりが適当かもしれない。そんな俺がWeb界隈の知識を発信したところで、ネットにゴミを撒き散らすだけだもんな。ゴミのポイ捨てはしたらいけんよって、小さい頃にお母ちゃんに教わったもんな。うん、世の中に対して無価値な俺だけど、そのぐらいはきちんと守れるようにしないとな。でも、そろそろ俺もアラフォーだぜ?小さい頃の言いつけを守らないと!なんて事を改めて決意するような年齢でもないんだよな。いい歳したオジサンが何してんだろ。田舎に帰れば学生時代の友人達は、子供が何人かいて、そこそこ良い車に乗り、ちゃんと持ち家があるんだぜ。俺なんて大人のステータスゼロじゃん。なにがブログだよ。なにがチョコレートだよ。そんな事してる暇があったら、もっとやらなきゃいけない事あるんじゃないの?まぁ、そんな事はさておき、いま手にしてる物の会計を済ませないとだな。」

チョコレートと弁当をレジに差し出したところ、会計金額が「666」だった。いわゆる悪魔の数字である。不吉だ。

「あぁ…666だ。俺にお似合いだね。きっと会計をしてくれてる君も、色白で不気味で暗そうなオッサンの会計金額が666円だなんて怖い!なんて思ってるに違いないね。君はあれだろ?菅田将暉とか山崎賢人とか坂口健太郎とかが好きなタイプだろ?ごめんよ、そんな君からするとゴミクズのようなオッサンがこんな数字を出しちまって。きっと釣り銭のやり取りすら拒否したいとこだよね?あぁ…なんてこった、財布に一万円しかないよ。一番厄介なパターンだ。こんな時、電子マネーでスッと会計を済ませるのがスマートで今時なやり方なんだろうね。でもそんなトレンドに全然乗れてないよ。こうやって世間の流れから徐々に遅れを取るようになって、おじいちゃん扱いされていくんだろうな。もし仮に平均寿命まで生きるとなると、あと40年ちょっとか。長いな。随分長く感じる。肉体的なピークはとうに超えて、徐々に衰えが来てるのは分かっちゃいるんだけど、まだここからさらに衰えてくると思うとウンザリするよ。人生でジジイでいる期間って、ちょっと長すぎやしないか?それにしても人間の脳ってのは良くできてる。年を取るたびに時間の経過が短く感じるってのは、なかなか都合が良いもんだ。」

そんな事を考えながら、コンビニを後にした。

「さっきの会計、666円だったな。不吉な数字って言われてるし、なんかネタにならんかな?でも一行で終わっちゃうな。このあと犬にでも噛まれるかドブに足を突っ込むか、何かハプニングが起こればブログとしての体裁は保てそうだが…もう自宅の玄関見えてるしな。どうしよう。水増しするか。」

以上でございます。