なんとかオヤジの運転免許を返納させられないだろうか考えてみる

f:id:monsandesu:20161114222749j:plain

ここ数日、テレビを観ていると立て続けに起こる高齢ドライバーの事故に関するニュースを多く目にする。
こういうニュースを見て真っ先に思い浮かぶのは「ウチのオヤジは大丈夫か?」という不安。
田舎のオヤジはもう70近い。
ニュース同様の事故を起こしてもおかしくはないと考えると、他人事ではなく身震いしてしまう。

高齢者は長年の経験から運転技術に自信を持っている。
そんな内容もニュースでやっていたけど、ウチの親父なんかは長年クルマ関係の仕事に従事してたのもあって、モロに当てはまると思う。
免許の返納を勧めたとしても、絶対に言うこと聞かないだろうな…

僕の田舎は完全に車が生活の一部として根付いている地域。
しかも単なる交通手段としての車ではなく、車があることで自由度の高い生活が可能で、気軽に行楽地に行けたり地域コミュニティへのアクセスができるわけだから、人生の「生きがい」や「楽しみ」にガッチリ直結していて、なかなかどうして狂おしいほど厄介な問題だ。
車を手放すデメリットがあまりにも大きすぎて、免許を取り上げた時の落胆ぶりは容易に想像できちゃう。

しかし僕の親父が事故を起こして、被害者を生んでしまうような事態になってしまったら終わりだ。
最悪の事態が起こらないよう、なんとか運転免許を返納させられないか、あらかじめ考えておく必要があると思う。

正攻法で説得してみる。

athome-kaigo.jp

正攻法、やっぱり言うこと聞かないだろうな…というのが率直な感想。
でも何もしないよりは、家族が心配してる事を真摯に伝えることで、多少は運転の際に気をつけるようになるかもしれない。
牽制的な意味で実行しておくのはアリだろう。
でも運動能力と判断能力は間違いなく低下してて、単純に気をつけるだけでは不十分。
ついでに認知症なんかも発症してたらダブル役満だ。
いい機会なので、正月に実家に帰った時にでも認知症の検査も勧めておこうかな。

強硬手段で取り上げる。

まったくもって気は進まないが、何か起こってしまったら元も子もない。
ドゥテルテ大統領よろしく、強硬手段に打って出てやる方法も検討しよう。
無理やりにでも運転免許センターに連れて行き、運転免許の返納と運転経歴証明書の交付をすぐさま行い、もう運転が不可能な現実を突きつけ、車も処分しちゃう。

いや、無理だよな…
反発と強制的に免許を取り上げる事で起こる弊害は大きそうな気がする。
強行手段に出て暴れ出したりしたら、同居してない僕じゃ何もできないし、現在同居してる家族への迷惑は計り知れない。
最悪なのは同居してる弟の車なんかを勝手に乗り回しちゃったりして、それで事故でも起こしたら目も当てられない。

事故を起こしにくい機能の車に乗せる

あれこれ考えてみると、やはり運転免許の自主返納は地方都市では特にハードルが高いなと感じる。
返納に際して特典をつけたところで抜本的な解決策になるわけもなく、今後どう制度が成熟したところで、地方の高齢者が車を持たない選択肢を進んで選ぶような事は起きないだろうなぁ…
それを期待して待ってたとしても、僕の親父が生きてる保証はないわけで…
あぁ…せつねぇ…

家族のケアで解決できれば良いんだろうけど、僕はそばに居ないのでねぇ…もどかしい。
僕が実家に帰ればいい話なんだけど、いい歳したオッサンが独身で出戻ってもねぇ…もどかしい。
それに僕が親父に付きっ切りで世話するってのもねぇ…もどかしい。

免許を手放せる状況じゃなければ、ただひたすら事故を起こさない事を願うしかなく、唯一なにか主体的に動けるとすれば、事故を起こしにくい機能を搭載した車に、すぐさま乗せるべきじゃないだろうか。

www.webcartop.jp

www.webcartop.jp

金が…ねえよ…
7億円あたらないかな…

最後に

7億円当たる事と親父が事故を起こさない事、初詣の際にでも神様にお願いしようと思います。
ちゃんと現実的な良い方法考えないとな…

以上です。