読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログをはじめてみたが、最初の記事に何を書くべきか迷ったので調べてみた

なんとなく雑記的なブログでも初めてみようかと思い、はてなブログに登録してみました。
しかし、特に書きたい題材があるわけではないので、何を書くべきか迷う…

もう最近はアレですね、何かに困ったら脊髄反射的にGoogleさん頼りです。
そういうわけで、今現在の僕自身の状況も踏まえつつ、どんな「最初の記事」が良いのか調べつつ考えてみました。

とりあえず「ブログ 最初の記事」でググってみる。

分からなければ、とりあえずググってみたら良い時代。
全然タイピングが進まず、「何もしてないが、とりあえず一服しちゃろうか?」と、つい脱線しそうになる僕のような人間にはとてもありがたい時代です。

f:id:monsandesu:20161107063152j:plain

あぁぁぁんっっ!こんなにいっぱい…!

「便利な世の中になったよな…ホントに…」と、知の巨人達が作り上げたシステムに感嘆しつつ調査開始です。

王道的な「最初の記事」

matome.naver.jp

あぁ…こんなん絶対わかりやすいヤツですやん!
とりあえずコレさえ読んどけば、どうにでもなりそうな心強いまとめです。

こちらを参考にさせていただくと、「自己紹介」「コンセプト紹介」といったところが王道のようです。
その他にもいくつかピックアップして読んでみたところ、やはり王道的な内容を踏襲しつつ、「気軽に1記事アップすることが大事です」と締めてる記事が多かったように思います。
なんにせよ、まずは一歩踏み出せって事ですね。

とりあえずこのブログに関しては、一時の「ノリ」でスタートさせたので、紹介するほどのコンセプトは決まってません。
書きながら方向性決めてけば良いや!なんて思うので、ひとまず「コンセプト紹介」は無し。

一時の「ノリ」が継続するようであれば、コンセプトも決まってくるだろう…うん、うん…

そもそも「最初の記事」なんて要らない!

junzou-marketing.com

こちらなんかは少し風変わりで、「あぁ、なるほど!」と思わず唸った記事。
通常の記事を書き溜めてからブログを公開する手法は、常に先頭から順序立てて読まれるわけではないWebメディアの形に即したやり方だなと思います。
「最初の記事」って概念を取っ払う事にもなり、「そもそも考える必要ないじゃん!」と目から鱗。

しかし、「自己紹介」や「コンセプト」が無いのも考えもの。
なので、こちらの記事にも書いてある通り、「プロフィールやコンセプトなんかは、固定されたページとして用意しておいた方が良い」という意見はとっても賛成です!

いつか作ろう、それまでこのブログを続けてる熱意があれば…うん、うん…

そんで僕はどうしよう?

いろんな意見があるんだなと分かったところで、さてどうしましょう?

最初の記事を作らないって考えはアリだな…とは思ったものの、書きながらググってたもんで、すでに書き始めたこの「最初の記事」を破棄するのは嫌だなぁなんて思いが頭をもたげてきます。
そして、コンセプトはない。
自己紹介も別で作るつもりなので書かない。

はーんっ!書けない!

とりあえず「気軽に1記事アップすることが大事です」ってのだけが、頭の中に選択肢として残ってるような状態です。

何でもいいから書いてしまえば良い!
それだけはハッキリ分かっている。
もうこの経過をそのまま投稿するだけでも充分なんじゃないかなとも思う。

しかし…

読み返してみると、とってもつまらない!

つまらないし役にも立たない!

なんてこった…

ブログ初心者ならこんな物でしょうか。
せっかく書くなら、面白くて人の役に立つような物が書ければなと思うんですけどね…

ここからどう人の役に立ち面白い記事を書けるようになるか、その成長記録としてのゼロ地点だと考えれば、まぁこのクソ記事にも多少の意義は持たせられるかもしれません。

うん、それがいい!そうしよう!

まとめ

ブログの「最初の記事」を書くなら、何の役にも立たないクソ記事を書きましょう。
そして、そこからどう成長して行くかという基準点としましょう。

という考えに至りました。