読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日記

【四コマ】駅伝を見て影響されるとオッサンは痛い目をみる

自分はつくづくオッサンだなぁ…と思う。

お客さんの言葉に涙…

僕はフリーランスでWeb制作の仕事をしている。 先日、クライアントから電話をもらった。電話が来た際、クレームだと思った。クライアントからの連絡といえば、真っ先に納品物の不備を指摘されるケースが頭をよぎる。今回もそのパターンだろうなと覚悟を決め…

デザイナーとは名乗らない。なぜならパンティおじさんだからだ。

僕は一応Web制作の仕事をしてるのだが、「Webデザイナーです」と自己紹介する事はない。人前で「パンティ」と口にするのが恥ずかしいのと同様に、自分を「Webデザイナー」と言うのが、ものすごく恥ずかしい。仕事を聞かれたら「Web制作」と答えているのは、…

嫁に原田知世的オシャレ自転車を買い与えようと思う。

※僕は独身のオジサンです。

生娘なヤングジャンプと尻軽なヤングジャンプ

家から1分歩いた所にミニストップがある。そして5分歩いた所にセブンイレブンがある。僕は毎週、ヤングジャンプを買う時は必ずセブンイレブンに行くようにしている。

「しゃっくり」と「結婚願望」

結婚したい!!! たまになる。発作的になる。結婚したくて堪らなくなる。僕に度々起こるこの症状、しゃっくりに似てるな…なんて思ってる。

コンビニで会計金額が666円だった。だからそのとき僕は…

※本日のブログはカッコ内を飛ばして読むと、より一層無価値になります。

アイリスオーヤマの銘柄量り炊き炊飯器があれば、女の子と密室でイイ感じになれるじゃないか。

「ウチで鍋しない?」 好きなあの子に向け、「今夜こそお前を落としてみせる!」とフガフガ息巻いている男子は、一度はこのセリフを口にした事があるのではないだろうか。僕は幾度となくある。正直鍋なんかどうでも良かったりするのだけど、カモナマイハウス…

サイバーパンクな彫刻に出会った。

サイエンス・フィクションにおける思想やスタイルなどを示す言葉に「サイバーパンク」というものがある。このサイバーパンクが具体的にどういった物を指すかは、下記のようにウィキペディアに記載されている。

ペペロンチーノに想いを馳せる。

注意:この記事はアダルト表現を含みません。含みませんが、ちょっとザワザワした気持ちになるかもしれません。

「お手軽に楽しめる貴族の遊び100選」という記事を書こうとした。

「貴族の遊び」という言葉がある。額面通り捉えれば、そのまま”貴族”の”遊び”なのだけど、高卒の僕の知識が正しければ、日本における貴族制度は廃止されている。となると、そんな遊びは存在しないはずだ。Googleで調べてみる。平安の遊びばかり出てくる。う…

「セーラー服と機関銃」は薬師丸ひろ子で「ブリーフとバズーカ」は高田純次です。

僕の周りには高田純次好きが多い。 放送されてない地域の人には分からないと思うが、関東圏では地上波で月曜から金曜にかけ「じゅん散歩」という番組が放送されている。高田純次が散策する番組だ。僕は大体これを観ている。

「些細な事」と「重要な事」の中間ぐらいにある事柄に関しての物忘れ

最近、物忘れが酷い。ついさっきも飯を済ませた帰りに立ち寄った薬局で、何を買うのか見事に忘れてしまった。きっと過去の僕が何か買うつもりだったから立ち寄ったのだと思うけど、家に帰り着いた今も思い出せないでいる。気になって家の中を見渡して不足し…

若くて可愛い子に翻弄されても、いつか必ず溜飲を下げるタイミングが来るから、我慢できずに下痢便をブチまけるな。

リベンジポルノやらストーカー。近年なんとも陰湿で薄気味悪い犯罪が増えてきたなと思う。 この手の事件って、一方が注いだ愛情に見返りがなく、その事に対しての鬱屈した感情が憎しみに変わり、やり場のない怒りを最悪の形で吐き出してしまった結果なのだと…

FURIN

今年も残すところ1ヶ月半となり、オッサンになると本当に時間が経つのが早いなと思う。来月になれば例年通り、今年1年を振り返る漢字一文字が発表されるのだろうけど、今回は何になるのかな?と、少しだけ気になったりもする。

なんとかオヤジの運転免許を返納させられないだろうか考えてみる

ここ数日、テレビを観ていると立て続けに起こる高齢ドライバーの事故に関するニュースを多く目にする。こういうニュースを見て真っ先に思い浮かぶのは「ウチのオヤジは大丈夫か?」という不安。田舎のオヤジはもう70近い。ニュース同様の事故を起こしてもお…

元SM嬢の元カノからの連絡に思いを馳せ。

37歳で独身。恥ずかしながらそれが僕のプロフィールだ。何度かそういうチャンスはあったものの、この年齢で一度も結婚してないので、きっと欠陥がどこかにあるのだと思う。

ありがたく飲んで、欲望に素直になった繁華街を観察し、変なオッサンに遭遇。

わざわざブログにするまでも無いのかもしれないが、毎日書く習慣をつけたほうが良いんだろうなという思いに駆られ、別段なんの役にも立たないゴミカスのような文章だが記する事にする。